TALKING AID Cafe

トーキングエイド for iPad シンボル入力版

  • HOME »
  • »
  • トーキングエイド for iPad シンボル入力版

1:文字に頼らないコミュニケーション手段/その1:携帯電話 絵文字

シンボルキーボードに、はじめから登録されている絵文字は、ソフトバンクモバイル(株)の携帯電話に収録されている絵文字と同じものです。およそ470個の絵文字がカテゴリ別キーボードとして用意されています。この絵文字には、言葉がラベルとして定義してありますので、絵文字でメッセージを作って音声で読み上げることができます。

気持ち 動き スポーツ・娯楽
シンボルキーボード_カテゴリ_人 シンボルキーボード_カテゴリ_気持ち シンボルキーボード_カテゴリ_動き シンボルキーボード_カテゴリ_スポーツ
時間・行事 乗り物・場所 食べ物・飲み物 生き物・自然
シンボルキーボード_時間行事_カテゴリ シンボルキーボード_乗り物場所_カテゴリ シンボルキーボード_食べ物飲み物_カテゴリ シンボルキーボード_生き物自然_カテゴリ
ファッション 物・その他
シンボルキーボード_ファッション_カテゴリ シンボルキーボード_物その他_カテゴリ

2:文字に頼らないコミュニケーション手段/その2:任意の写真・シンボル等の画像

はじめから登録されている絵文字を利用せずに、普段から使い慣れているシンボルや具体的な写真をキーとして登録することができます。iPadに保存している画像を利用することは、もちろん、iPad2以降の機種であれば、その場で写真を撮ってキーにすることも簡単にできます。各キーにテキストラベルとして言葉を登録すれば、それを合成音声で読み上げます。

①白紙のキーボード設定 ②白紙のキーボード ③シンボル辞書登録
シンボル_iPad設定画面iPadの「設定」から」絵文字利用をOFFにする 白紙のキーボード 8キーの場合の画像絵文字を非表示にした8キーのキーボード シンボル辞書登録画面各キーに任意の画像を登録することができます
④任意の画像をキーに登録 ⑤画像にラベルを設定 ⑥オリジナルキーボード
任意の画像登録例えば、Mayer-Johnson社のシンボル[PCS]を利用することもできます。(※ボードメーカーユーザーのみ可) 画像のラベルを設定合成音声で読ませたい言葉をラベルとして、複数登録しておくことができます 写真とシンボルのキーボード写真やシンボルなど任意の画像をどんどんキーに登録して、オリジナルなキーボードを作ることができます。

3:キーボードのキー数を変更する

利用者によっては、キーの数が多いと選びにくかったり、一つのキーが大きいほうが選びやすかったりします。本アプリのキーボードは、1/2/4/8/32個のキー表示に予め切り替えておくことができます。

1キー 2キー 4キー
1キー画面 2キーの画面 4キーの画面
8キー 32キー  キー数変更設定
8キーの画面 32キーの画面 キー数変更 設定画面

4:利用する人の特性に合わせることができます。

支援者向け設定画面 無効時間 保持時間

シンボル_支援者用設定画面支援者が利用者の特性に合わせて行う設定画面です。iPadの「設定」の中に登録されています。

シンボル_無効時間上図の例では、0.5秒間に複数回タッチしても1回としかカウントしません。指に震えがあって何度もタッチしてしまう人に有効です。

シンボル_保持時間上図の例では、1秒間、タッチし続けないと入力として受け付けません。不用意に目的のキー以外のキーをタッチしてしまう人に有効です。

5:購入

  • AppStoreから無料でダウンロードでき、試用することができます。AppStoreバナー
    • ただし、「発声キー」は10回、「任意の画像登録」は3枚を超えて利用すると機能制限がかかります。機能制限を解除する場合は、表示される購入画面で手続きを行なっていただきます。
    • 購入手続きは http://www.talkingaid.net/support/tips/limit_buy をご参照ください。
  • このアプリはアドオン購入後において利用期間制限はありません。
  • 既存機能の範囲内における機能向上や不具合については無償でアップデートされます。(AppStoreからアップデートの通知がございます。)
  • 新たな機能追加については、アドオンアプリ(オプション)として有料でAppStoreから販売する予定です。

6:仕様

  • 対応OS:iOS 5.1.1 以降(以下を必ずお読みください。)
  • 対応機種:初代iPad~第4世代iPad、および、iPadmini、iPadAir
    • 注 意!! 初代iPadは、iOS6以上にすることができません。したがって、iOS5.1.1のままとなります。今後、サポートが困難になってくることが 予想されます。実際に起きている問題として、新たに作成したappleIDで、サインインすることが不可能になり、アプリの購入ができなくなるとの情報も ございます。参考情報>>https://discussionsjapan.apple.com/thread/10141750
      • iOSの最新バージョンがインストールできる機種をお使いください。2014年4月現在では「iPad2」以降です。
PAGETOP
Copyright © U-PLUS Corporation All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.