8/9 和歌山で「タブレット端末の可能性を探る」に参加してきました。

和歌山大学教育学部附属特別支援学校が主催する公開講座として開催された「タブレット端末の可能性を探る」に展示参加してきました。約百名の参加者だったそうです。イベントの開場から終了までいらっしゃった方が多く、iPadやAndroidへの注目度の高さを感じました。

トーキングエイドブースも大変人気で「ケースをつけたiPadを落としてみてください」のリクエストが後をたたず、「・・・・・」な場面も (^^;>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です