JDDネット2012 体験博覧会

JDDネット2012 体験博覧会

福島大学で開催された日本発達障害ネットワーク第8回年次大会にて、開発分担者であったe-AT利用促進協会が、「体験博覧会ワークショップ」と「機器展示」を行いました。

トーキングエイドのことだけではなく、文房具からiPadまでを利用した支援まで幅広く取り扱い、その中でトーキングエイドのことも紹介されました。

iPadデモ機を利用し、アクセシビリティ機能の操作体験も行われました。トーキングエイドアプリ(特に、シンボル入力版アプリ)と周辺機器の紹介では、実際にどうやって購入できるかなどの質問が多く、ニーズの高さを伺うことができました。