トーキングエイドCafe in 福岡

9/15(土)は、福岡でトーキングエイドCafe セミナーを開催しました。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。そして、長時間のセミナー参加、ご苦労様でした。

今回は講師のみなさまのご好意・ご協力の下、特別プログラムを付加し、朝から夕方までどっぷりとICT機器による支援についての学習会とワークショップを行いました。

「おがっち」こと、小川氏(兵庫教育大)には、当事者を客観的に観察することの大切さと難しさを学びました。「委員長」こと、藤井氏、「ヨットマン」こと、高野氏の両名からは、大分特別支援教育カンファレンスの活動紹介とiPadを利用した学習支援についてお話をいただきました。さらに、福島氏(南福岡特別支援学校)からは、iPadのアクセシビリティとアイデアグッズ、お役立ちアプリを紹介いただき、学校卒業後の生活を見据え、生活力をつけるために積極的にツールを利用することが大切なのでは、、、という熱いメッセージもいただきました。

もちろん、トーキングエイドについては、一人一台にてワークショップを行い、かなり深くトーキングエイドをご理解いただけたのではないでしょうか。ご不明な点がございましたら、お問い合わせください。大変に分量の多いワークショップでしたので、消化不良の部分もあるかと思います。。。

というわけで、参加者、講師ともに有意義な時間を共有できたのではないかと思います。みなさまありがとうございました。